2012年01月18日

恋愛ニート あらすじ 1話

【あらすじ】 1月20日放送分(第1話)

出版社に勤める凛(仲間由紀恵)は、仕事一筋のキャリアウーマン。
ある日、凛は親友・美帆(市川実日子)の「離婚式」に
同じく親友の菜々子(りょう)と出席する。

恋愛至上主義の菜々子は、早速目を付けたエリート歯科医・松本(佐々木蔵之介)、
一流食品会社のフレーバリスト・多田(田中裕二)、
フリーター・駿平(永山絢斗)を美帆に紹介してもらい、男女6人で飲む。

そこで凛は8年間も性交渉がないことを赤裸々に話し、一同をあぜんとさせる。


【オリジナル・サウンドトラック】




【概要】

物語に登場するのは、
仲間由紀恵演じる主人公・木下凛を含めた男女6人の恋愛ニートたち。

恋愛から遠のいていた男女が、ひょんなことから恋愛バトルに巻き込まれ、
悪戦苦闘しながら成長する姿をコメディータッチで描く。

主演の仲間は
、これまでに数々の作品でコメディエンヌとしての才能を発揮してきたが、
今回は新たに等身大のラブコメで新境地を開く。

また、プロデューサーは「Around40〜注文の多いオンナたち〜」(2008年)を手掛け、
“アラフォー”という言葉で社会現象を巻き起こした高成麻畝子氏。

前作では女性が1人で生き抜く姿を描いたが、
今作では“恋愛ニート”をキーワードに、異性と生きる喜びを描く。



【ストーリー】

出版社の販売促進部に勤める木下凛(仲間由紀恵)は、
美人でその上すべての仕事を自分でこなしてしまうキャリアウーマン。

しかし、周囲とのギクシャクしたやりとりから、
上司からも部下からも敬遠されている。

ある日、凛は親友、渡辺美帆(市川実日子)の“離婚式”に出席する。
親友の相沢菜々子(りょう)と共に、離婚する美帆の再出発を祝うためだ。

その店で、“恋愛至上主義”の菜々子が、エリート然とした松本直哉(佐々木蔵之介)、
多田耕太(田中裕二)、槙野駿平(永山絢斗)に目をつけ、流れで男女6人で飲むことに。

しかし、一見エリートに見えた彼ら3人も実は恋愛ニートで…。



http://www.tbs.co.jp/renai-neet/


posted by kai at 15:58| 恋愛ニート あらすじ 1話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。